ウチは最後までずっと一緒にいる。これは変わらずに繁殖から引退した犬も、ずっと一緒に過ごしています。ですから、紹介している子たちは、みんなお年寄りが多いんですね。
大型犬は、寿命が短いとされていますが、確かに短い。だからこそ、生きているうちに、いろんな熱い気持ちを伝えてきます。そんな子たちを、私はどうしても他人に譲れないんです。
余所では繁殖を引退したら、他人に譲るブリーダーが多いんですが、その気持ちがまるで解らない・・・。
一人一人と向き合って過ごしていると、そんな簡単に他人には譲れないですよね・・・・。中にはすでに逝ってしまった子たちも紹介しています。子犬の血に、必ず含まれている祖先です。犬同士が子犬をしっかりと育てる。そして今があるわけで、そんな群れを形成していた子たちを疎かにできません。今の犬たちは、そんな子達が残してくれた子です。ですから、どのような母犬・父犬の先祖がどんな子だったのかを解るように、今後系統図も用意していこうと思っています。